「ネイティブイングリッシュ」と「スピークナチュラル」と「英語ぺらぺら君」の比較

英語教材「ネイティブイングリッシュ」「スピークナチュラル」、そしてタイトルには書きませんでしたが、「英語ぺらぺら君」、この三つを比較していきましょう。

比較ポイント1:独学で英語を話す練習ができるかどうか

ネイティブイングリッシュには「瞬間スピーキング」、スピークナチュラルには「瞬間通訳練習」があります。
いずれも、CD再生中に日本語文がまず流れ、その後しばらくの間、音声の無い部分があるので、その間に日本語文に対応する英文を考えた後、正解の英文が読み上げられるので、自分が考えた英文が正しいかどうかチェックできる、というものです。
これによって、独学で英語を話す能力を伸ばすことができます。

そして、英語ぺらぺら君でも、CD再生中に何度も、「・・・(日本語文)・・・と英語で言ってみましょう」という部分があり、その後しばらくの間、音声の無い部分があり、やはり日本語文に対応する英文を考えた後、正解の英文が読み上げられ、自分が考えた英文が正しいかどうかチェックできるのです。

したがって、この三つの教材は、‘独学で英語を話す練習ができるかどうか’というポイントに関しては、すべて○ということになります。
(これができることが、この三つの教材を常に英語教材人気ランキングの上位にさせる理由でもあります。)

比較ポイント2:‘耳だけの’学習ができるかどうか

テキストをあまり参照することなく、‘耳だけの’学習ができると、姿勢の制限も受けず、楽に学習を行えるので、学習を長期間にわたって持続させやすいのです。
このポイントにおいても、この三つの教材はすべて○です。

比較ポイント3:内容の難易度

まずネイティブイングリッシュとスピークナチュラルを比較しましょう。
ネイティブイングリッシュのほうがスピークナチュラルより、やや難度が高いです。
したがって、英語学習の初心者はスピークナチュラルを選び、少し自信のある人はネイティブイングリッシュを選ぶといいわけです。

音声も、スピークナチュラルには「スローリスニング」があるので、英語学習の初心者に親切な構成になっています。

一方、ネイティブイングリッシュのリスニング用CDには、ナチュラルスピードよりも速いスピードで、英語とそれに対応する日本語が流れてから、その後で、同じ内容でナチュラルスピードが流れる、というパターンがあります。
これは、ある程度のレベルまで英語学習の習熟度を上げた人にとっては、とても有難いリスニング練習の方法なのです。
先に、ナチュラルスピードよりも速い音声を聞くことで、ナチュラルスピードがゆっくりしているように感じられ、余裕を持って聞き取れるようになるのです。

英語ぺらぺら君に関しては、「初級編」のレベルがスピークナチュラルと同じくらい、「中級編」のレベルがネイティブイングリッシュと同じくらい、と考えるといいでしょう。

英検1級合格やTOEIC900点突破を、近未来の目標にできるような人は、この三つのどれも買おうとしないほうがいいでしょう。
この三つのどれもが、初級〜中級クラスまでの学習者に向けた英語教材であるからです。

比較ポイント4:発音の学習に関して

これに関しては、スピークナチュラルが一歩リードしていると言えます。

テキストに、それぞれの音ごとの口の開け方や舌の位置が、図で示されていて、具体的にどのように発音するかが、文でわかりやすく書かれているので、とても便利です。

比較ポイント5:価格とボリューム(教材の実質的な内容量)

ある程度まとまったボリュームの英語教材を買おうとする時、価格はもっとも気になる点かもしれません。

CDの枚数だけではかれるものではないですが、一応の目安として取り上げると・・・
ネイティブイングリッシュはCD22枚で29800円、スピークナチュラルはCD14枚で29800円、英語ぺらぺら君は初級編がCD8枚で9800円+送料2000円の11800円、中級編がCD16枚で21800円+送料2000円の23800円です。

(ちなみに、CDとテキストを使った、ある程度まとまった量の英語教材の価格の相場は、3〜5万円です。)

したがって、英語学習の初心者が、価格の安さを重点的に考えれば、迷わず英語ぺらぺら君初級編を選ぶ(英語ぺらぺら君は特典も多いので)ことになると思いますが、スピークナチュラルの長所(スローリスニングができる・発音の学習がしやすい等)を無視できるか、ということは考えたほうがいいと思います。

比較ポイント6:その他

僕の個人的な意見かもしれませんが、英語の例文の質が良い(日常会話でよく使われるフレーズを選出し、あまり使われないフレーズは使っていない)点や、リスニング用のCDが2段階音声になっている点や、学習者のための細かい配慮がされている(ニュアンス解説CDが付いているなど)点において、英語教材の全体的な構成の良さとして、ネイティブイングリッシュが一歩リードしていると思います。


・・・以上、「ネイティブイングリッシュ」「スピークナチュラル」「英語ぺらぺら君」の比較を、いろいろしてみましたが、何を優先させたいか、その比較するポイントをしぼることで、どの教材を選ぶべきか、考えやすくなると思います。

英語教材(2017年度)ランキング

↓ネイティブイングリッシュの公式サイト
ネイティブイングリッシュ


↓スピークナチュラルの公式サイト
スピークナチュラル


↓ 英語ぺらぺら君の公式サイト(左が初級編・右が中級編)











←戻る