最高の学習法とは

万人共通の最高の学習法は存在しない

 英語を学習するにあたって、英語圏の国に行って生活しながら学習する、ということ以外に、全ての人にとって共通の最良の学習法があるのだろうか?

 残念ながらそういうものは無い、というのが、真実といえる。まだ見つかっていない、というべきだろうか。

 考えてもみてほしい。何百年も前から、外国語の効率的な学習法というのは多くの人によって研究されているのである。

 もし全ての人にとって、ずばぬけて有効な唯一の方法があるのだとしたら、今頃はもうとっくにみんながその方法で英語の学習をしているはずである。

目的に合った学習をすること・レベルに合った学習をすること・好きなやり方で学習すること
          
 外国語の学習法を研究している人達のおおよそ共通した意見は、全ての人にあてはまる良い学習法とは、「各人の目的に合った学習をすること・各人のレベルに合った学習をすること・各人の好きなやり方で学習すること」ということである。

 つまり、個々の学習者の、英語を学習する目的や、習得の度合いや、学習法の好みによって、最良の学習法は異なってくる、ということだ。

 したがって、無限とも言えるほどにたくさんの種類がある英語の学習法の全てが、学習者のそれぞれの個性によって、いずれかの学習者に最高にフィットする可能性を持っているものだと言うことができる。

 だから、全ての学習法は同等に素晴らしいものであり、優劣をつけられるようなものではないということだ。

 もし、優劣があるように感じられるとすれば、それは、個人の主観的な判断に過ぎないのである。

←戻る/次へ→

英語の学習法・概説(目次)